らーぶらぶらぶアタック

    1: ジョーカーマン ★ 2020/12/04(金) 16:54:16.44 ID:CAP_USER9
    櫻坂46が12月2日、1stシングル「Nobody's fault」に収録される個人PVの予告編をYouTubeで公開。
    全7本が6~15万回再生される中、“櫻エイト”選抜メンバーの田村保乃さんの個人PVが2倍以上の再生回数を記録し、ファンの心をつかんでいます。

    今回公開された7本の個人PVは1stシングルのTYPE-Dに収録。
    田村さんをはじめ、関有美子さん、松田里奈さん、森田ひかるさん、遠藤光莉さん、大沼晶保さん、増本綺良さんにフォーカスしており、ドラマ仕立ての演技など普段のパフォーマンスでは見られないメンバーたちの姿が収められています。
    また、田村さん、関さん、松田さん、森田さんの個人PVは2019年に欅坂46としてリリースする予定だったシングルのために撮影されたもので、櫻坂46としての再始動前の初々しいメンバーの様子も見られます。

    公開から1夜にして個人PVはどれも6万から10万回再生を超えており、中でも1stシングル選抜メンバーで1列目と2列目メンバーを表す“櫻エイト”に選ばれた田村さんの個人PVは34万回再生を突破。
    センターの森田さん(およそ15万回再生)とともにYouTubeの急上昇ランキング入りを果たしました。

    田村さんが出演する個人PV「恋のラブアタック大作戦」は、「宇宙の果て惑星衝突衝撃衝動波動がラララ」「ほのかにほのの炎が出るなら」「タコのからあげに恋してチュー」など、遊び心満載な歌詞と田村さんの脱力感たっぷりな歌声が印象的。
    一方、映像では恋愛シミュレーションゲーム風に学校の教室や体育館での場面、お祭りでの浴衣のシーンなど、視聴者が田村さんの同級生になったような視点での演出がされています。

    田村さんの癒やし系な魅力と謎な歌詞が融合し、中毒的な仕上がりの個人PVにファンは「脳裏に焼きついて離れん!」「全体を通して意味は分かりませんが、かわいいという事実だけは間違いない」「可愛さが圧倒的過ぎて歌詞のイカレ具合が薄まる」など、再生の手をとめられない様子。
    不思議な世界観にもハマる田村さんのかわいさに、乃木坂46卒業生の伊藤万理華さんや、欅坂46卒業生の長濱ねるさんを思い浮かべるファンも見られました。

    http://news.yahoo.co.jp/articles/929d27cd0751abbd5f7abb887b26da885acd1182

    田村保乃が圧倒的にかわいい!
    櫻坂46 田村保乃『恋のラブアタック大作戦』
    https://www.youtube.com/watch?v=lHk9_bG4O7c

    田村保乃個人PV「恋のラブアタック大作戦」
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    欅坂46 2期生 田村保乃
    no title

    no title

    no title


    元欅坂46 長濱ねる
    no title


    欅坂46 長濱ねる 『元素記号のうた』
    https://www.youtube.com/watch?v=Ei8igf86cKE

    【「長濱ねるを思い出す」田村保乃の人気が急上昇!】の続きを読む

    1: 確かに存在した名無し(東京都) (ワッチョイW 56da-Tp8y) 2020/12/03(木) 21:36:20.33 ID:GVSsQGvz0
    結構可愛いんだな

    ps://youtu.be/lHk9_bG4O7c

    【田村保乃の動画が人気】の続きを読む

    1: 47の素敵な(福岡県) (6級) 2020/12/04(金) 13:53:30.86
    神曲すぎるぞ

    櫻坂46 田村保乃『恋のラブアタック大作戦』
    https://www.youtub%65.com/watch?v=lHk9_bG4O7c
    https://www.youtube.com/watch?v=lHk9_bG4O7c
    画像
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    急上昇ランク入りの大ヒット
    no title

    VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:: EXT was configured

    【田村保乃のラブラブアタック】の続きを読む

    このページのトップヘ