日向坂46

    1: 名無しって、書けない?(家) 2020/04/21(火) 20:49:57.11 ID:tg4axQce0
    欅イズム感じるわ
    9th選抜確定だろ

    ソースは4/21ブログ

    【幸阪茉里乃のあまり好きではないもの→ 紫外線 日向坂46に喧嘩を売る!】の続きを読む

    1: 名無しって、書けない?(最果ての町) 2020/04/26(日) 18:51:23.46 ID:VU9RpuKU0
    https://www.keyakizaka46.com/s/k46o/diary/detail/33505?ima=0000&cd=member

    オーデションがあることを知ったのは、
    高校3年生になる春




    もしいつか、欅坂46の2期生の募集があったら
    絶対受けると決めていた


    がしかし、見つけたのは「合同」という言葉



    乃木坂46さん、欅坂46、日向坂46さん


    どの坂道も大好き
    どの坂道の曲も大好き


    でも
    欅坂に入れるかわからない

    でも
    受けなかったらきっと後悔する




    とてつもなく今しかないと思って受けた


    欅坂に絶対入りたくて受けた

    【坂道研修生時代、配属先が決まっていた】の続きを読む

    1: (ジパング) 2020/06/12(金) 12:56:16.25
    no title


    観客は無言 握手は毎回消毒 ライブハウス新基準(フジテレビ系(FNN)) - Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20200612-00151936-fnn-soci

    19日以降、営業再開が可能となるライブハウスについて、政府は「出演者と客の間に2メートルのソーシャルディスタンスを確保する」などとするガイドラインを取りまとめ、近く公表する。

    政府がまとめたガイドラインでは、「出演者と客の間を2メートル空けること」、「店が狭く2メートルを確保できない場合は、フェイスシールドを着用する」、
    「客同士は1メートルのソーシャルディスタンス」などの内容が盛り込まれている。

    業界側もガイドラインを作っていて、小規模なライブハウスの団体「日本音楽会場協会」では、「演奏中、歌手の前には飛沫を遮断するものを設置して、ほかの演奏者はマスクを着用」、「観客が歌う行為は禁止」などのほかに、
    「握手会は自粛」とし、例外として「すべての握手の間に手をアルコール消毒すれば実施できる」とする案などを検討している。

    【【朗報】握手会復活!?】の続きを読む

    1: 名無しって、書けない?(石川県) 2020/06/09(火) 19:56:01.17 ID:2pAfnJmw0
    米谷
    今泉長濱
    柿崎

    鈴本平手
    井口
    志田織田

    長沢

    【欅坂 日向、辞め方ランキング】の続きを読む

    1: 走り出す名無し(SB-iPhone) 2020/05/12(火) 16:03:33.29 ID:u9iMWaIJp
    このままじゃ独身だ

    【ドルヲタって彼女いないだろ?】の続きを読む

    1: 名無しって、書けない?(dion軍) 2020/02/08(土) 18:13:21.52 ID:Zkc/Ihd20
     2017年7月某日、欅坂46とけやき坂46のメンバーほぼ全員は、運営事務所に集められた。前出の欅坂関係者が話す。

    「今野(義雄)さんが集合したメンバーの前で、『次のシングルは“漢字(欅坂46)”と“ひらがな(けやき坂46)”を合わせた32人の中から選抜制にします』と、唐突に発表したのです。何も知らなかったメンバーたちは騒然としていました。今野さんはそんな彼女たちを前に、選抜メンバー18人の名前を次々に読み上げました。

     結局、“漢字”の21人のうち8人が落ちてしまい、逆に”ひらがな”からは5人が選抜に入った。驚きと興奮が渦巻く中、選抜に選ばれて、泣いて喜んでいる“ひらがな”のメンバーもいました。やはり”ひらがな”にはまだ2軍のイメージがありましたから、大きな喜びだったと思います」(同前)

     だが、平手は今野氏に対し、毅然と反旗を翻したのだ。

    「『21人で欅坂なんです。選抜にするなら私はもうやりません』。平手さんは今野さんを含めたスタッフたちに対してこう言い放ったのです。平手さんのこの発言で、場の空気は凍り付きました。泣いて喜んでいた“ひらがな”メンバーも何も言えなくなり、黙って下を向いていました。

     はじめはシーンとしていたのですが、徐々に平手さんの意見に賛同するメンバーが現れたのです。次々に『私もそう思います』『私も!』と声を上げた。スタッフたちは懸命に説得していましたが、なかなか話はまとまらなかった。最終的に決定打となったのは、平手さんの『秋元さんと話してくる』という一言でした」(同前)

    【【脱退の真相】平手友梨奈が全メンバーを前に「欅坂46+けやき坂」合同選抜を拒絶! ”因縁の相手”長濱ねるが…【欅坂46】】の続きを読む

    このページのトップヘ