齋藤冬優花

    1: 名無しって、書けない?(光) (1級) 2020/02/06(木) 00:20:13.00
    志田愛佳 @_manaka_shida_
    いっえーーい
    no title


    志田愛佳 @_manaka_shida_
    昔からいつも相談沢山きいてくれる
    VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:: EXT was configured

    【志田愛佳、鈴本美愉、齋藤冬優花のプリクラが公開】の続きを読む

    1: 名無しって、書けない?(福岡県) (1級) 2020/05/18(月) 01:25:48.38
    これは次期センターだわ


    【【櫻坂46】齋藤冬優花の評価】の続きを読む

    228: ワールド名無しサテライト (ワッチョイ 43a4-8L+3) 2020/05/18(月) 00:40:24.57 ID:fbYobOmK0
    さすがです

    【【朗報】齋藤冬優花、大爆発】の続きを読む

    1: 名無しって、書けない?(ジパング) (初段) 2020/04/20(月) 02:30:56.39
    ふーちゃん、、
    今お前が座ってるそこが社会やで
    no title


    【「社会に出てないので…」????】の続きを読む

    1: 名無しって、書けない?(福岡県) (5段) 2020/07/14(火) 14:03:08.73

    そらって何だよと思ったらそういうことか


    https://www.keyakizaka46.com/s/k46o/diary/detail/34734?ima=0000&cd=member

    ・みんなのライブ欲、活動欲が溜まりに溜まっているのでそのマグマが爆発した時のそらが凄そう


    ちなみにふーちゃんは志田鈴本と仲良し
    no title

    VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:: EXT was configured

    【ふーちゃん、志田の交際相手を匂わせていた!?】の続きを読む

    1: 確かに存在した名無し(茸) (スプッッ Sd73-VGTb) 2020/11/02(月) 12:25:21.22 ID:0jsERNvUd
    11/21 アップトゥボーイ 2021年1月号
    前号よりスタートした“通巻300号カウントダウンスペシャル"。2号目となる今号は、まもなくデビューを果たす櫻坂46大特集号となります。2021年1月号となる今号、2021年のシーンを引っ張っていくのは櫻坂46に違いないと、期待を込めての特集号となります。

    表紙を飾るのは、小林由依、渡邉理佐、森田ひかる。1stシングル「Nobody's fault」の顔ともいえる、フロントメンバーの3人です。巻頭25ページに渡る超ロンググラビアでは、桜色をモチーフにした清潔感と力強さに満ちた写真はもちろん、ファッション誌などでも表紙を飾り、同性からの支持も強い彼女たちならではの、スタイリッシュな撮影も行いました。
    続いてのグラビアでは、『アップトゥボーイ』ではまだソログラビアの登場がなかったメンバーから、一期生は齋藤冬優花、二期生は武元唯衣にクローズアップ。それぞれの個性が楽しめる、弊誌ならではのページに仕上がっています。

    櫻坂46以外ではここ数年は毎年登場、実に6度目のソログラビアとなる新内眞衣の“ザ・グラビア"な10ページ、新四期生では最後の登場となった佐藤璃果の、どこかノスタルジックなお嬢様グラビア、BEYOOOOONDSグラビア連載には江口紗耶、そして西田汐里のファースト写真集からの未公開カットのみで構成されたグラビア、私立恵比寿中学の一風変わったペアグラビア、写真集発売が話題の石田千穂、そして女優・伊原六花、兒玉遥の最新撮り下ろしグラビアと、今号も前号同様、16ページプラスしての特大ボリュームでお届けします。
    そしてお待たせしました、コロナ禍で長らく休止状態だった伊藤理々杏連載が、装いも新たにリニューアル。こちらもお楽しみに。

    付録は特大サイズ、B3正寸(515mm ☓364mm)ポスターを両面で、2枚お付けします(ランダム封入ではありません)。1枚目は小林由依、渡邉理佐、森田ひかると、齋藤冬優花の両面ポスター、2枚目は小林由依、渡邉理佐、森田ひかるが表、武元唯衣が裏の、両面ポスターとなります。

    [グラビア(敬称略)]

    小林由依×渡邉理佐×森田ひかる(櫻坂46)

    齋藤冬優花(櫻坂46)

    武元唯衣(櫻坂46)

    【【朗報】アップトゥボーイ 齋藤冬優花の両面ポスター】の続きを読む

    このページのトップヘ